山口カルメル修道会公式ホームページ

※宜しければページ最下部の 更新履歴も併せて御覧ください。


Spouse of the Holy Spirit


もし地上に天国がありうるとすれば、この家は天国です。

神をお喜ばせすることだけを自分の喜びとし、

自らの喜びを顧みない人は、

ここでほんとうに幸福な生活を送ります。

イエスの聖テレジア(完徳の道13章)



教皇様の言葉
 
「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」
(ヨハネ12・24)
 
イエスはこの種と同じ方法で、新しい希望をこの世にもたらしました。
イエスは一粒の麦のように非常に小さくなられました。
わたしたちのもとに来るために、天の栄光を脱ぎ捨て、「地に落ちた」のです。
しかし、それだけでは十分ではありません。
イエスは実を結ぶために、もっとも深い愛を生きました。
そして地面の下で種がおのずと裂けるように、死によって自ら裂かれ、開かれました。
イエスが落ちたもっとも低い地点
――それは愛のもっとも高い地点でもあります――こそが、希望が芽生える場です。
皆さんは「希望はどのように生まれるのですか」と尋ねるでしょう。
「十字架から生まれます。十字架を見てください。十字架にかけられたキリストを見てください。
 そこから皆さんが受けるのは、決して消えることのない、永遠に続く希望です」。
この希望はまさに愛そのものの力から芽生えました。
「すべてを望み、すべてに耐える」(一コリント13・7)愛、神のいのちである愛は、
自らが触れたものをすべて新しくするからです。
イエスの愛から生まれた希望は、すべてに勝ります。
イエスは地に落ちた一粒の麦のようになられ、いのちを与えるために死を受け入れました。
希望は、この愛にあふれるいのちから生まれるのです。
(4月12日)


星


聖テレーズ自叙伝
 
「その御国がこの世のものではない」お方は、私に真の知恵とは
「人に知られないこと、無視されることを望み」
(『キリストに倣う』1巻)、
「自分自身を軽んじることを喜びとする」(3巻)ことにある、
と教えてくださいました。
イエス様の面影のように、
「私の顔も人々の目から隠れ、この地上では、だれからも認められない」
(イザヤ53章)ことを望みました。
苦しむこと、人に忘れられることに渇きました。
(200)

リジュ―の聖テレーズ
リジュ―の聖テレーズ



当修道院の名称は、山口カルメル会教会の母マリア修道院です。
その形態は、観想修道院です。

教会

カルメル会という名称は、聖地、パレスチナのカルメル山に由来し、会の起こりは、13世紀頃、

カルメル山で生活していた隠修士たちに遡ります。

カルメル会は、16世紀スペインのアビラに生まれたイエスのテレジアによって、教会のため、

人々の救いのために祈りに専念する生活様式に改革されました。

その後、世界各地に広まり、日本には1933年フランスから東京に初めての修道院が創立されました。

現在、日本に9つの修道院があります。

山口の修道院は1979年に7番目の修道院として創立されました。




■リンク

下記リンクは全て、新規ウインドウで開きます

相互リンクやその他の各種お問い合わせは、上部メニュー「お問い合わせ」内の、

お問い合わせ専用フォームをご利用下さい。

女子パウロ会公式サイトLaudate

萩カトリック教会公式サイト

カトリック広島司教区公式サイト

バチカン放送局公式サイト

ローマの跣足カルメル会本部

山口カトリック教会

巡礼の道

カトリック岡山鳥取地区広報室(HP)

カトリック岡山鳥取地区広報室(facebook)


更新履歴

当ホームページはインラインフレームを使用しています。
未対応の方はこちらから別ウインドウで更新履歴がご覧いただけます。



このページのトップへ戻る

当サイト内の全ての文章及び画像等の二次使用と無断転載を禁じます。


(c)2012 Discalced Carmelite Sisters of Yamaguchi all right reserved.
inserted by FC2 system