山口カルメル修道会公式ホームページ

※宜しければページ最下部の 更新履歴も併せて御覧ください。


慈しみの特別聖年。2015年12月8日無原罪の聖母の祭日から2016年11月20日、王であるキリストの祭日まで
 Prayer
「マリア様、イエス様をください。」修道院の玄関で、一少女


もし地上に天国がありうるとすれば、この家は天国です。

神をお喜ばせすることだけを自分の喜びとし、

自らの喜びを顧みない人は、

ここでほんとうに幸福な生活を送ります。

イエスの聖テレジア(完徳の道13章)



教皇様の言葉
 
私たちは気後れからイエスに近づくことをためらうことがあります。
私たちにその価値がないと考えてしまうからです。
これは大きな誘惑です。
イエスに近づくには、自尊心だけでなく信仰そのものが必要になるからです。
神が皆さんに期待するのは、ありのままの皆さんで、
皆さんが持っているものではありません。
神の目には、皆さんが何を着ていようと、どんな携帯電話を使っていようと
全く関係のないことです。
主は皆さんがおしゃれかどうかなど気にもかけません。
主にとって大切なのは皆さん自身なのです。
(7月31日 ワールド・ユース・デイでの言葉)


星


聖テレーズ自叙伝 18
 
私は遊びは知りませんでしたが、
読書が大好きで、おそらく一生を読書で過ごせたかもしれません。
読書熱は私のカルメル会入会まで続き、いったい何冊の本を手にしたかわかりません。
ある騎士伝を読んだときなど、最初は確かに人生の真の意味がつかめませんでした。
けれども間もなく神さまは、真の栄光は永遠に続く光栄であって、
そこに達するには何も華々しい行いをする必要はなく、かえって人目に触れずに徳を実行し、
右手のすることを左手が知らないようにすることであると分からせてくださいました。
それでジャンヌ・ダルクの伝記を読んだときには、彼女に倣いたいという大きな望みを感じました。
同じような熱意、同じ天の霊感を自分のうちにも感じるような気さえしました。
そしてそのとき、生涯でいちばん大きな恵みの一つと言える恵みを、いただきました。
(98)

結び目を解くマリア
(結び目を解くマリア)



当修道院の名称は、山口カルメル会教会の母マリア修道院です。
その形態は、観想修道院です。

教会

カルメル会という名称は、聖地、パレスチナのカルメル山に由来し、会の起こりは、13世紀頃、

カルメル山で生活していた隠修士たちに遡ります。

カルメル会は、16世紀スペインのアビラに生まれたイエスのテレジアによって、教会のため、

人々の救いのために祈りに専念する生活様式に改革されました。

その後、世界各地に広まり、日本には1933年フランスから東京に初めての修道院が創立されました。

現在、日本に9つの修道院があります。

山口の修道院は1979年に7番目の修道院として創立されました。




■リンク

下記リンクは全て、新規ウインドウで開きます

相互リンクやその他の各種お問い合わせは、上部メニュー「お問い合わせ」内の、

お問い合わせ専用フォームをご利用下さい。

女子パウロ会公式サイトLaudate

萩カトリック教会公式サイト

カトリック広島司教区公式サイト

バチカン放送局公式サイト

ローマの跣足カルメル会本部

山口カトリック教会

巡礼の道

カトリック岡山鳥取地区広報室(HP)

カトリック岡山鳥取地区広報室(facebook)


更新履歴

当ホームページはインラインフレームを使用しています。
未対応の方はこちらから別ウインドウで更新履歴がご覧いただけます。



このページのトップへ戻る

当サイト内の全ての文章及び画像等の二次使用と無断転載を禁じます。


(c)2012 Discalced Carmelite Sisters of Yamaguchi all right reserved.
inserted by FC2 system