山口カルメル修道会公式ホームページ

※宜しければページ最下部の 更新履歴も併せて御覧ください。


マリア像


もし地上に天国がありうるとすれば、この家は天国です。

神をお喜ばせすることだけを自分の喜びとし、

自らの喜びを顧みない人は、

ここでほんとうに幸福な生活を送ります。

イエスの聖テレジア(完徳の道13章)



教皇様の言葉
 
闇に屈しないでください。
打ち負かすべき最初の敵は外にいるのではなく、皆さんの中にいることを
忘れないでください。
したがって辛らつで不明瞭な考えにとらわれないでください。
この世界は神がもたらした最初の奇跡です。
神は新しい驚きという恵みをわたしたちの手の中に置いてくださいました。
信仰と希望はともに進みます。
もっとも崇高で美しい真理の存在を信じてください。
創造主である神を信じてください。
すべてのことを善へと導く聖霊を信頼してください。
そして、皆が人生を終えるとき、キリストが待っておられ、
抱擁してくださることを信じてください。
イエスは皆さんを待っておられます。
たとえ周りから嘲笑を浴びても、道を開き、橋を築き、夢見て信じた
多くの人々のまなざしのおかげで、この世界は前進しているのです。
地上で行っている努力がまったく無意味であると決して思わないでください。
人生の終わりに待っているのは廃墟ではありません。
絶対者が与えた種が皆さんの中で脈打っています。神は失望しません。
神がわたしたちの心に希望を置いてくださったとすれば、
神は相次ぐ挫折によってそれが押しつぶされることを望んでいないはずです。
あらゆるものが永遠の春に花咲くために生まれます。
神がわたしたちをお造りになったのも、花を咲かせるためです。
わたしは樫の木とアーモンドの木の間の会話を思い出します。
樫の木が「神について語ってください」と頼むと、アーモンドの木は
花を咲かせました。
人々の間で平和のために働いてください。
そして憎しみと争いを蔓延させようとする人の声を聞かないでください。
人間一人ひとりは異なりますが、ともに生きるように造られました。
争いの中にあっても辛抱強く耐えてください。
一人ひとりの人間は真理の一片を守る者であることが、
皆さんにもいつか分かるでしょう。
 
人々を愛してください。それぞれの人を愛してください。
曲がっているか否かにかかわりなく、あらゆる人の道のりを尊重してください。
人は皆、語るべき物語をもっているからです。
わたしたち一人ひとりにも語るべき物語があります。
(9月20日)


星


聖テレーズ自叙伝
 
9月8日の朝、大河のような平和に満たされるのを感じました。
そしてこの「人知を超える平安」の中で、聖なる誓願を立てました。
私とイエスさまとに一致は、雷や稲妻などの驚異の恵みの中ではなく、
ホレブ山頂でエリアがささやきを耳にしたような軽いそよ風の中で行われました。
ああ、あの日、どんなに多くの恵みを願ったことでしょう。…
イエス様が私のうちに完全にみ旨を行ってくださるように、自分自身を献げました。
(218)

リジュ―の聖テレーズ
リジュ―の聖テレーズ



当修道院の名称は、山口カルメル会教会の母マリア修道院です。
その形態は、観想修道院です。

教会

カルメル会という名称は、聖地、パレスチナのカルメル山に由来し、会の起こりは、13世紀頃、

カルメル山で生活していた隠修士たちに遡ります。

カルメル会は、16世紀スペインのアビラに生まれたイエスのテレジアによって、教会のため、

人々の救いのために祈りに専念する生活様式に改革されました。

その後、世界各地に広まり、日本には1933年フランスから東京に初めての修道院が創立されました。

現在、日本に9つの修道院があります。

山口の修道院は1979年に7番目の修道院として創立されました。




■リンク

下記リンクは全て、新規ウインドウで開きます

相互リンクやその他の各種お問い合わせは、上部メニュー「お問い合わせ」内の、

お問い合わせ専用フォームをご利用下さい。

女子パウロ会公式サイトLaudate

萩カトリック教会公式サイト

カトリック広島司教区公式サイト

バチカン放送局公式サイト

ローマの跣足カルメル会本部

山口カトリック教会

巡礼の道

カトリック岡山鳥取地区広報室(HP)

カトリック岡山鳥取地区広報室(facebook)


更新履歴

当ホームページはインラインフレームを使用しています。
未対応の方はこちらから別ウインドウで更新履歴がご覧いただけます。



このページのトップへ戻る

当サイト内の全ての文章及び画像等の二次使用と無断転載を禁じます。


(c)2012 Discalced Carmelite Sisters of Yamaguchi all right reserved.
inserted by FC2 system